高血圧の合併症

高血圧の合併症

高血圧の合併症について高血圧を病気だと思われている方が多いと思いますが、高血圧は症状であって、病気というわけではありません。
怖いのは高血圧ではなく、高血圧が長く続くことにより発症する合併症です。
合併症はどれも命にかかわる病気なのです。
合併症にならないように血圧をなるべく早く下げる必要があるのです。
それには食生活を見直すことや適度な運動をするなどの適切な生活習慣を送ることが重要でしょう。
脳卒中は特に合併症の中でいちばん危険です。
脳梗塞や脳出血を起こさないように細心の注意を払う必要があります。
あと危険なのは腎障害で、悪化すると腎不全になって人工透析が必要になり、日常生活に支障が出てきます。
それから心不全、心肥大も起こり、心臓、血管、脳などのとても重要な場所が損傷を受けてしまいます。
合併症は併発することもあり、早く血圧を下げる必要があります。
例えば腎障害だけではなく、心不全も発症すると、とても危険な状態になってしまいます。
高血圧の状態が長引けば合併症が起きる確率が高くなります。
正常値まで血圧を下げることで合併症はほとんど予防することが出来るのです。
自分で高血圧に気付くことは難しいです。
健康診断で指摘される方が多いのではないでしょうか。
そして気付いた時には状態がとても危険なことになっている場合もあります。
合併症になってしまえば治療するのに時間がかかりますし、難しいようです。
ですから合併症にならないよう予防することが大切です。
血圧を下げるのは合併症を治すよりは難しいことではありません。

血圧を下げるにはこちら(大正 血圧 タブレット)がおすすめです