ミネラルで血圧を下げること

ミネラルで血圧を下げること

ミネラルで血圧を下げること血圧を下げる、いろいろな栄養素の中の1つにミネラルがあります。
人の身体になくてはならない成分がミネラルです。
ミネラルで有名なのはマグネシウムやカルシウム、カリウムです。
マグネシウムやカルシウムは牛乳に含まれていますから、コップ1〜2杯ぐらいの牛乳を毎日飲むようにすると良いですね。
「牛乳はちょっと苦手」という人も多いようです。
牛乳を飲めない人は料理などに利用してみてはいかがでしょう。
牛乳は高血圧の改善と予防、両方に効果がありますから工夫してでも摂った方が良いでしょう。
また小魚や乳製品などはカルシウムが多い食材です。
これは結構有名で、ご存知の方も多いでしょう。
ところがマグネシウムが多い食材は有名ではありません。
知らない人が多いと思いますが、玄米やアーモンド、煮干しや干しエビなどの魚介類などがマグネシウムを多く含んでいる食材です。
マグネシウムは動脈を弛緩させ、血圧を下げる効果があります。
しかし、好き嫌いのある人は、これらをあまり食べないかもしれませんから、摂取量が足りているかを確認する必要があります。
ミネラルの中には反対に血圧を上げてしまうものがあります。
それがナトリウム、塩分のことです。
ナトリウム以外のミネラルは高血圧を下げる効果があります。
しかし、三食ちゃんと食べている、偏食がない人なら、意識は特にしなくても不足することはほとんどありません。
どちらかというと摂り過ぎに注意するべきです。
ナトリウムの量は特に注意が必要です。
ミネラルは身体機能維持に不可欠ですが、多く摂っても少なく摂っても悪影響を及ぼします。
血圧を下げる栄養素をしっかり摂っていると自分では思っていても、調理方法によって効果が減ってしまうこともありますので、調理方法も注意した方が良いでしょう。

血圧を下げるにはこちら(大正 血圧 タブレット)がおすすめです