妊娠時の血圧を下げること

妊娠時の血圧を下げること

妊娠時の血圧を下げること皆さんは妊娠中毒症はご存知ですよね。
では妊娠高血圧症候群はご存知ですか? 実は2つは同じなのです。
何年か前から妊娠中毒症が妊娠高血圧症候群という名称になったそうです。
妊娠高血圧症候群の特徴は高血圧とタンパク尿で、そのうち高血圧が重要なのです。
妊娠20週以降に症状が現れるそうです。
妊娠の経験がある方ならおわかりでしょうが、妊娠中は少しの体調変化、例えば少しでも血圧が高くても気になってしまいます。
32週未満で症状が現れると早発型、それ以降に症状が出れば遅発型と言われます。
そのうち症状が悪化しやすいのが早発型なので注意が必要です。
全体の約1割が発症するので決して低い割合ではありません。
「私は関係がない」と思っている方も発症する可能性がないわけではありませんよ。
今のところ原因が明確になっていませんが、今まで正常だった人が妊娠することにより血圧が高くなるのですから、妊娠時の体調変化が何か関わっているのだと思われます。
妊娠時は栄養が赤ちゃんに送られているのですから、血圧はいつもより高くなっています。
ですから少し高くなっていても、すぐに下げなくてはいけないということはありません。
ただ最高140mmHg以上で最低90mmHg以上なら産婦人科で相談して下さい。
決して自己判断で下げようとしないで下さい。
食事に注意して安静にすることが基本的な対策ですが、医師の指導に従うことが重要です。
人によっては入院して安静のみで血圧が安定する場合もあるのですが、投薬が必要になる人もいます。

血圧を下げるにはこちら(大正 血圧 タブレット)がおすすめです